債務整理のメリットデメリット

債務整理のメリットとデメリットは行う債務整理の種類によっても変化します。

まず、代表的な「自己破産」のメリットは、原則として今までのすべての借金が返済がなくなるということです。借金がなくなるのですから、一から生活を立て直すと時には一番有効な債務整理と言えますね。しかし、もちろんデメリットもあります。1つは一定以上の財産はすべて差し押さえになります。ローンが残っていても車や家などもすべて失ってしまいます。現金も99万円を超える分は差し押さえです。

自己破産が終わっても当分は、クレジットカードなどの申込みも難しくなります。なぜなら自己破産した人はいわゆるブラックリストに名前が載るのでそれが消えない限り、お金を借りたりローンを申込むことがほぼできなくなると思っていいです。

対して「任意整理」の場合は、自己破産のようないろいろな資格制限や財産の差し押さえなどはありません。また、裁判所を通さないで弁護士、司法書士が債権者と交渉するので自分の負担が一番軽くなります。

さらに任意整理を依頼することですぐに請求が止まってくれます。しかし、任意整理は借金がなくなるわけではありません。あくまで借金がきちんと返済できるように見直しをすることです。

利息を計算し直したり、返済期間を延長したりきちんと返せるように調整してくれると思ってもらえると良いと思います。
過払いなどが発生していた場合には、戻してもらえたりします。

デメリットは、やはり借金が消えることではない事とこちらも信用情報に記録が残ってしまうので、数年間はクレジットカードなどが申込みにくくなることですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>